2011年08月28日

音楽ファイルの話

私は、WMPで音楽ファイルを再生させるときのビジュアライザーとして、「FRUITY」というフリーのプラグインを常用しています。 コレの面白い点は、昔のステレオのようなピークメーター表示だけでなく、スペクトラム表示が可能なことです。


CDって、規格上20〜22kHzまでの音を記録できることになっています。 当然、PCに取り込んだWAVファイル(サンプリング周波数:44.1kHz)も同様です。

で、MP3とかWMAとかの圧縮ファイルは、情報を減らしてファイルサイズを小さくする為、人間の聴感上影響が少ない高いほうの音をカットする等をしているのですが、このFRUITYというツールを使うと、そのあたりがよくわかります。

20110828_4_1.jpg
ためしに購入したWMA(128kbps)の周波数分布。
大体15kHz辺りから高い音が全く無い・・・

20110828_4_2.jpg
で、CDから取り込んだWAVファイルの周波数分布。
きちんと20kHz前後までしっかり音が入っています。

こういうのを見ると、音楽ダウンロードサービスから曲を買うのが、妙にもったいなく思えてしまいます。


それから、古いCDを再生させると、これまた面白く・・・

20110828_4_3.jpg
YMOのシールド(1988年)の場合。
20kHzちょい上辺りから上の音がバッサリ切られています。

まぁ、パラメータの一つとはいえ、周波数分布で曲の良し悪しが決まるわけではないので、参考程度ではありますが。
(2003年のUC YMOだと、きれいに22kHzまで伸びているのですが、アレンジが気に入らなくて・・・聞くのはもっぱらシールドの方だったりします)


まぁ、こんな細かなことに限らずとも、スペクトログラム表示とかはテレビで時々出てくる「声紋照合」をほうふつとさせるもので、見ているだけでも楽しいので、気になる方はお試しを。


参考リンク: IT雑技団
(FRUITYを作成、公開されている方のサイトです)
posted by みや at 04:19| Comment(2) | TrackBack(0) | もろもろ(独り言)
この記事へのコメント
ども、作者です。(^^;
FRUITYをご使用頂いているようでありがとうです。
この度FRUITYが V2.5となりましたので、そのお知らです。画像を見ると以前のバージョンのようでしたので、よろしければ最新版をご利用いただければと思います。
要望など有りましたら、遠慮なく。
では、では。
Posted by MP3の魔術師 at 2011年08月29日 13:32
MP3の魔術師 さん

 みや です。

・・・びっくりしました。(^_^;

今回、インストールする際に事前にVectorでダウンロードしたのですが、ちょっと早すぎましたね。

さっそく、新しいバージョンをダウンロードしてインストールしました。改めて、いろんな曲で試してみたいと思います。

ご連絡、ありがとうございました。
引き続き、愛用させていただきます。
m(_ _)m
Posted by みや at 2011年08月30日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47589887
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック